河島英五 - 仁醒 歌詞 Lyrics on 3131.Info J-POP Songs!

Top Songs Search

河島英五

仁醒 Lyrics

Artist Pictures Reviews
作曲:河島英五
作詞:河島英五
ここに一枚の描きかけの絵がある
部屋の真中には テーブルがあって
壁ぎわには テレビが置かれている
今日という日付けの新聞と
窓の外を流れる雲の形さえ
昨日のままで いいかもしれない
家族に囲まれて てれている
自分自身を描きこめば
仕上がりだ
誰れもが そんな風に
一枚の絵を大切に抱きしめて
人生が 旅だということも
いつしか忘れて生きて行く
私は絵の中から 抜けだして
旅に出ました
今 私の前にいるのは
くわを持つ農夫の姿
彼は風と雲と朝陽と土と語らい
夕陽と別れを告げる 大地に汗を残して
ここでこうして すわっていると
生きるとは 働くことなんだと
わからなくなってしまっていた
誰のために 働いているのか

余りにも世の中が
複雑になってしまったから
コーヒーカップに角砂糖を
昨日と同じように
かきまぜてくれる 君がいて
日付を 変えれば 明日になる
そんな一枚の絵がある
家族に囲まれて てれている
自分自身を描きこめば
仕上がりだ
誰れもが そんな風に
一枚の絵を大切に抱きしめて
人生が 旅だということも
いつしか忘れて生きて行く

誰れもが そんな風に
一枚の絵を大切に抱きしめて
人生が 誰れのものでもないことも
いつしか忘れて生きて行く

Reviews

Post reviews to 河島英五

Your Name:

Ads: 洋楽 歌詞 -- Free iOS Games: 99.99% - 66 Balls - 2481 - Gears Gears    Android Games: 99.99% - 66 Balls - 2481

  Language: 日本語

J-POP 歌詞 Lyrics are added by J-POP fans, visitors and tracked from internet. If you like these lyrics and songs, please buy the CDs to support J-POP artists. You can help us to share J-POP 歌詞 via ADD Lyrics. Thank You!