河島英五 - 二十七才 歌詞 Lyrics on 3131.Info J-POP Songs!

Top Songs Search

河島英五

二十七才 Lyrics

Artist Pictures Reviews
作曲:河島英五
作詞:河島英五
好きな女と一緒になりたいとか
人より幸せに なりたいとか
乗り込むはずの電車の扉は
回送電車で開かない
夜更けの駅のホームで 風と たわむれている
だから獲物 狙うように 瞳はギラついて
それは生き生き 輝いているとも とれるけど

二十七才と言えば 若過ぎることはない
汗もひからびた 老人でもない

時計の針が逆さに回るような
生活と 人生に疲れているんだ
帰りの電車を 気にしないで
朝まで 飲んで みたいねと
君は カレンダーに 印 しながら つぶやいた
あきらめる事だけ 見つめる瞳は空ろに輝いているけど
それは決して やさしさでは ないだろう

二十七才と言えば 若過ぎることはない
汗もひからびた 老人でもない

流れる雲のように 自由になりたい
他人の事など 何も気にかけずに
自分で 自分に 命令をして
それなら 守れそうな 気がする
与えられたものは 何故だか とても 味気無い
だから空を流れる雲の ひとりぼっちの さみしさが
僕に解れば そこから すべてを 始めたい
二十七才と言えば ひとりじゃない
二十七才と言えば ひとりぼっち
二十七才と言えば ひとりじゃない
二十七才と言えば ひとりに なりきれない
ひとりぼっち

Reviews

Post reviews to 河島英五

Your Name:

Ads: 洋楽 歌詞 -- Free iOS Games: 99.99% - 66 Balls - 2481 - Gears Gears    Android Games: 99.99% - 66 Balls - 2481

  Language: 日本語

J-POP 歌詞 Lyrics are added by J-POP fans, visitors and tracked from internet. If you like these lyrics and songs, please buy the CDs to support J-POP artists. You can help us to share J-POP 歌詞 via ADD Lyrics. Thank You!