木山裕策 - 幻 歌詞 Lyrics on 3131.Info J-POP Songs!

Top Songs Search

木山裕策

幻 Lyrics

Artist Pictures Reviews
作曲:多胡邦夫
作詞:多胡邦夫
窓辺に舞う風のように柔らかいその眼差しは
時に優しく ときに強く全てを包んでいた

答えが何であろうとそんな事は関係がないんだ
君が隣にいる それだけでいい

何処か別の世界に僕らはいるみたいだね
何度も巡る季節を君の愛に重ね眺めていたい
君の手に触れながら感じたい

「何もわかってないんだね」
涙浮かべ 笑ってた
こんなに近くで想ってるのに
いったい何を見てたんだろう

同じ道を歩いて来た 同じ夢に同じ色を付けてた
君のその歩幅を無視したまま

何処で君の背中を僕は見失ったの?
何度も君の名前を呼んだけれど温もりは戻らない
君の手の温もりは戻らない

何処にいても君の姿を僕は探してしまう
だから何度も何度でも君の名を呼ぶよ
だけど温もりは戻らない
君の手の温もりはもう戻らない

Reviews

Post reviews to 木山裕策

Your Name:

Ads: 洋楽 歌詞 -- Free iOS Games: 99.99% - 66 Balls - 2481 - Gears Gears    Android Games: 99.99% - 66 Balls - 2481

  Language: 日本語

J-POP 歌詞 Lyrics are added by J-POP fans, visitors and tracked from internet. If you like these lyrics and songs, please buy the CDs to support J-POP artists. You can help us to share J-POP 歌詞 via ADD Lyrics. Thank You!